京都と大阪の中小企業のホワイト企業化をサポート
社会保険労務士法人MIRAIGA(ミライガ)

平日:9:00〜18:00

 (東京は皆RM 03-5860-6188)

  1. こんなこと知りたい
 

こんなこと知りたい

就業規則を軽く見ている企業が多いですが、就業規則は会社のルールであり、法律のようなものです。
われわれの日常生活でも、法律が無かったり、あっても不備だらけのものだったら、生活は大混乱です。
同様に就業規則の不備は、従業員に不安を与え、トラブルの元にもなりかねません。


就業規則を整備することは、いざと言うときに会社を守ってくれることになります。
作成義務のある企業はもちろん、義務の無い企業についても、就業規則の作成や見直しをしてみてはいかがでしょう。

続き

そもそも人の採用って何のため行うものなのでしょうか?
欠員が出たから、今の業務が多忙で人手が足りないから、何年後かには定年退職者が発生するのがわかっているから…etc

 

各企業とも色々な事情があって採用活動をしていると思います。
でも本来採用は企業が成長するために行うものです。

ところが、採用する人を間違えると、役に立たないばかりか会社に危害を及ぼすことすら考えられます。

 

そのようなことにならないように、人の採用は慎重に行うようにしましょう。

続き

賃金は、他の労働条件の中で中心的地位を占めるものです。

賃金の決定・計算・支払いにおいては、間違いが無いよう細心の注意を払わなければ、労使間において深刻な問題となる可能性があります。

また、最近では「サービス残業」という言葉がニュースでも大きく取り上げられ、社会問題となってきています。

 

従業員にとっては会社から受ける給与が生活の大半を占めています。

そのため、会社側もきっちりと制度を整備することが重要です。


社会的なモラル崩壊と共に、従来の常識の枠組みには当てはまらないトラブルが増加してきています。

 

このようなトラブルに対しては従来の考え方をそのまま当てはめてみても問題の解決にならないことが多くあります。

しかし、多くのトラブルは企業活動を阻害する要因であり、放置することは出来ません。

 

最新の法律知識や専門知識を駆使して、これらのトラブルに対策を講じる必要があります。

  • 今はぜんぜん対応できてなくて恥ずかしい・・・
  • 何もしていなかったので怒られるんじゃ・・・
  • 何から初めて良いのかわからない・・・

最初はどんな会社でも完全でないのが普通です。

大切なのは「良い会社にしたい」という社長様の想い。

私たちとホワイト企業化への一歩を踏み出しましょう!


京都オフィス:075-256-8488 平日:9:00〜18:00大阪オフィス:06-6136-1215 平日:9:00〜18:00お問合せ