京都と大阪の中小企業のホワイト企業化をサポート
社会保険労務士法人MIRAIGA(ミライガ)

平日:9:00〜18:00

 (東京は皆RM 03-5860-6188)

  1. 給料のこと
 

給料のこと

賃金は、他の労働条件の中で中心的地位を占めるものです。

賃金の決定・計算・支払いにおいては、間違いが無いよう細心の注意を払わなければ、労使間において深刻な問題となる可能性があります。

また、最近では「サービス残業」という言葉がニュースでも大きく取り上げられ、社会問題となってきています。

 

従業員にとっては会社から受ける給与が生活の大半を占めています。

そのため、会社側もきっちりと制度を整備することが重要です。

給与計算業務でやること

給与計算業務とは、単純に従業員の給与を計算して支給するだけではなく、

それに付随してさまざまな業務を行う必要があります。

続き

賃金カットを行う前にしておくこと

人件費をカットしたりする前段階として、役員人数の削減、役員報酬の削減、経費の削減、遊休資産の売却などを行う必要があります。

なぜなら、社員に現在会社の置かれている危機的状況をきちんと伝え、納得してもらう必要があるからです。

 

これらを行わずにいきなり人件費をカットしたりすると、

必ず感情的な反発が起こり、業績にも悪影響を及ぼします。

人件費をカットしたり、解雇したりすることは最後の手段であることを経営者がきちんと認識しておくことです。

 

また、社員の士気が落ちることが予想されますので、できるだけ社長自ら十分説明することが必要です。

  1. 業績が低迷している理由
  2. 自社の現状と賃金カットせざるを得ない理由
  3. 業績回復のためにどのような手を打とうとしているか
  4. そのためにはどうしても社員の協力が必要であること
  5. 業績がどこまで回復したら賃金アップできるようになるのか
  6. 将来会社がどのような形で社会に貢献しようとしているのか

などを具体的に示すとよいでしょう。

続き

サービス残業は犯罪です!

労働基準法では、労働者に時間外・休日労働をさせたときは、割増賃金を支払うことが定められています。

これに違反して割増賃金を支払わなかったときは、その割増賃金、

さらには裁判所が命ずるときは同一額の付加金の支払い義務が生ずることになります(つまり2倍の支払い)。

もちろんこれ以外に懲役・罰金刑も課されることもあります。

さらに労働基準監督署も、過労死を出した会社や悪質なサービス残業の会社に対しては、送検することも多くなってきています。

 

今、事業主には、改めて法令を遵守する「コンプライアンス」が求められています。

「サービス残業やむなし」という意識を改革し、労働時間の適正な管理と、

不必要な時間外労働をさせない、ということを徹底し、法律やルールにのっとった労働時間管理を行うようにしましょう。

続き

  • 今はぜんぜん対応できてなくて恥ずかしい・・・
  • 何もしていなかったので怒られるんじゃ・・・
  • 何から初めて良いのかわからない・・・

最初はどんな会社でも完全でないのが普通です。

大切なのは「良い会社にしたい」という社長様の想い。

私たちとホワイト企業化への一歩を踏み出しましょう!


京都オフィス:075-256-8488 平日:9:00〜18:00大阪オフィス:06-6136-1215 平日:9:00〜18:00お問合せ