京都と大阪の中小企業のホワイト企業化をサポート
社会保険労務士法人MIRAIGA(ミライガ)

平日:9:00〜18:00

 (東京は皆RM 03-5860-6188)

  1. 社長の労災保険加入

社長の労災保険加入

労災リスクのもっとも高い、社長や役員・家族従業員の労災保険加入をおすすめします

社長の労災保険加入

中小企業では社長や役員、家族従業員が従業員と同様の仕事をしていることが多くあります。

従業員が仕事中にケガをしたら労災保険の手厚い補償があるのですが、社長や役員、家族従業員には何の補償もされません。

5人以上の会社になると健康保険も使えず、原則として全額自己負担になってしまいます。

 

製造業や飲食業などのケガが発生しやすい業種や、社長が営業の前線で頑張っている会社などは、社長が労災事故にあうリスクも高まります。

 

社長や役員、家族従業員も労災保険に加入できるの?

通常中小企業の社長や役員、家族従業員は労災保険に加入できません。

しかし「労働保険事務組合」に雇用保険や労働保険の事務を委託することで、社長や役員、家族従業員が労災保険に特別に加入する事ができます。

これを労災保険の特別加入といいます。

ミライガでは「労働保険事務組合 千歳経営労務協会」を併設しているため、保険料負担のみで労災保険の特別加入をすることが可能です。

 

 

社長・役員・家族従業員の労災保険特別加入の流れ

加入条件:中小企業であること(従業員の人数に制限があります)

  1. ミライガを通して「労働保険事務組合 千歳経営労務協会」に事務委託を申請する
  2. 同時に労災保険の特別加入の申し込みを行う
  3. 千歳経営労務協会が労働局へ申請
  4. 労働局の承認がされれば手続き完了

 

上田洋子ご自身と会社を守る手段としてご検討ください

製造業を営むHさんは、製造機械で人さし指のじん帯を切断してしまいました。

幸いにして健康保険を使うことが出来ましたが、高額の治療費がかかり、現在でも指は曲がったままです。

この事故の前に労災保険の特別加入をしていれば、治療費は無料で済んだし休業補償を受けることもできました。

このように社長や役員、家族従業員が労災保険に加入することは、ご自身の身を守ることはもちろん、会社の経営を守ることになるのです。

会社の存続のためにも、社長や役員、家族従業員の労災保険加入をご検討ください。


  • 今はぜんぜん対応できてなくて恥ずかしい・・・
  • 何もしていなかったので怒られるんじゃ・・・
  • 何から初めて良いのかわからない・・・

最初はどんな会社でも完全でないのが普通です。

大切なのは「良い会社にしたい」という社長様の想い。

私たちとホワイト企業化への一歩を踏み出しましょう!


京都オフィス:075-256-8488 平日:9:00〜18:00大阪オフィス:06-6136-1215 平日:9:00〜18:00お問合せ