京都と大阪の中小企業のホワイト企業化をサポート
社会保険労務士法人MIRAIGA(ミライガ)

平日:9:00〜18:00

 (東京は皆RM 03-5860-6188)

  1. 海外赴任規定コンサルティング

海外赴任規定コンサルティング

中小企業の実情に合わせた、海外赴任規定の作成をサポート致します

海外赴任規定コンサルティング
  • 海外勤務者と国内勤務者の給与の整合性がない
  • 福利厚生に取り決めがなく、その都度対応しているので福利厚生が手厚くなり、会社負担が大きい
  • 海外赴任者の処遇に一貫性がなく、差が生じてトラブルとなる
  • 家族が帯同する場合の家族のメンタルケアまで手がまわらない
  • 海外赴任者の帰国後のキャリアが不安定で退職してしまう

これらの問題の原因は、海外赴任に関する明確なルールがないこと。

業務命令での海外赴任なのに、赴任前と同じレベルの生活水準を保障していないなどの問題があると、従業員の会社に対する信頼関係も揺らいでしまいます。

 

御社の業況や海外業務の性格なども考えた、御社オリジナルの海外赴任規定を策定する必要があるのです。

 

社会保険労務士法人ミライガの海外赴任規定コンサルティングの流れ

  1. 海外赴任者と社内ルールの現状をヒアリング
    現地法人との関係性や福利厚生の範囲等、御社に合った規程にするために状況をお聞かせ頂きます。
  2. ヒアリング内容から問題点を抽出
  3. 海外赴任規程案の作成
    問題点をクリアするような規定案を作成します。
    ここでは主に、記載すべきことと記載しないことを確認していきます。
  4. 海外赴任規定の完成 運用アドバイス
    御社の実状に合わせた海外赴任規定を完成させ、実際に運用を開始します。
    運用に関するアドバイスも行います。

 

池上裕美他者の海外赴任規定はマネできるものではありません

取引先などの他社事例を参考に赴任者の給与を設定したり、海外赴任規程をそのまま使用する企業が多いですが、現在の社会情勢にあっていない、福利厚生が手厚すぎるなど、自社に適合していないことが多くみられます。

企業規模や赴任先の国、赴任地が複数ある場合など、企業によって条件は異なり、また、一度決めた諸条件を、後から修正することは、不利益変更の問題が生じて難しいです。

海外赴任者の給与や海外赴任規程は、自社の特徴や規模に応じて決定することをお勧めします。


  • 今はぜんぜん対応できてなくて恥ずかしい・・・
  • 何もしていなかったので怒られるんじゃ・・・
  • 何から初めて良いのかわからない・・・

最初はどんな会社でも完全でないのが普通です。

大切なのは「良い会社にしたい」という社長様の想い。

私たちとホワイト企業化への一歩を踏み出しましょう!


京都オフィス:075-256-8488 平日:9:00〜18:00大阪オフィス:06-6136-1215 平日:9:00〜18:00お問合せ